原動付自転車の免許を無くしたときはどうするか?

免許を取るための合宿に入学を申し入れる時に確認が必須となっている、既に持っている原動付自転車の免許を無くしてしまったという方がたくさんいるようです。

 

免許というのは本人の身分確認に便利なものなので、かなり役立ちます。

 

実際には運転するわけではなくても、大事に持っておいて下さい。どこにあるのかわからないという人は、あらゆる場所を丹念に探しておいて下さい。

 

どれだけ探してもないというならば、近くの警察に赴き、事情を説明して、新しい免許を作り直す必要があります。

 

例えば免許の期限が終わっていたら(免許というのは、その期限の間に必ず更新しておく必要があります)、期限がいつまでだったか思い出して下さい。

 

生まれた日が2月1日で今年が免許更新手続きが必要なときは。期限は3月1日までとなります。

 

とはいえ、期限の3月1日を過ぎてから半年の間であれば、テストなどを行ない、それに受かれば、普通に更新する時と同じ授業を受ければ、また免許所を貰うことが出来ます。

 

免許に書かれている期限の間に更新する必要があるのですが、それを忘れていたときは、その期限からどれくらい経過しているのかすぐに確かめて下さい。

 

免許というのはかなり重要なアイテムなので、絶対になくしてはいけないものです。

 

あるいは特殊な事情があれば、その更新の期限を延ばすことも可能なので、そのときは警察などに相談して下さい。くれぐれも免許は大切に扱って下さい。