たばこを吸ってもいいのか?

それぞれの条例によっては歩いているときにたばこを吸ってはいけないことになっているところもあります。街で自由にタバコを吸うことが出来ないのです。

 

会社や、レストランなどでも、たばこが吸えるスペースと、すえないスペースで別れてきています。成人になっていない方が、たくさんやってくる免許を取るための合宿では、この煙草についてのルールはかなり厳しくなっています。

 

免許を取るための合宿をしている方は、どこならばタバコを吸っていいのか、どこでは駄目なのか、きちんとその決まりを守って下さい。

 

決められたスペースの他でたばこを吸うことは絶対にいけません。

吸っていい場所が建物の外のケースもあります。建物の中では吸ってはいけない決まりになっているところは多く、必ずそれを守りましょう。

 

禁じられた所では絶対にすってはいけない。

密かに束を吸ったりしたら、火事の原因になることもあります。吸ってはいけないところで、タバコを吸うのは絶対にやめましょう。
何かで灰皿の代用にするのもいけません。

 

タバコをいつでも吸ってもいいコースというのもあります。

細かいことは予め、相談して確かめておいて下さい。

 

寝ながら煙草を吸うのは絶対にいけません。

これは火事の原因にあります。絶対にやめましょう。タバコを吸ってもいいところであっても、寝転がりながら吸うのはマナー違反です。