交通費は支給されるのか?

免許を取るための合宿で、それぞれの合宿場所の近隣地へ、それぞれの交通手段を使って、目的地に集うことになっているケースが多いようです。

 

それぞれの場所から、目的地へ、公費のためにかかる金額をすべて負担してくれることがあります。

 

しかし減税では、安い交通手段が増えてきていて、多くの人がそれを使用しているようです。

 

そう言うわけで、免許を取るための合宿でも、観光スポットを回りたいので、遠くからバスでやってくる人も増えているようです。

 

その遠距離のバスはたくさんの種類がありますが、集合の時間に遅刻してしまったときは、あなたを置いたまま、バスはいってしまうので、しかもせっかく買った券は払い戻しされませんから、そのときは時間には気をつけて下さい。

 

夏の長期休暇期間など、バスの券を予約しようと思ったのに無理だったということがよくあります。

 

免許を取るための合宿で、交通の金額の支給は、それぞれ決められた乗り物に対して払われます。もしバスを指定されたのなら、すぐにその予約を始めておかなければいけません。

 

そしてその領収書も必ず置いておいて下さい。多くの会社が三十日前から予約を受け付けています。

 

このようなバスはすべて指定の座席が定められて居て、各自自由に座ることは出来ません。

 

免許を取るための合宿に行こうと決められた方々は、その目的地までどうやっていったらいいのか、あらかじめ下調べしておいて下さい。

 

その学校のほうで相談に乗ってくれれますので、わかりにくいところは詳しく話を伺いましょう。